‘活動報告’ カテゴリーのアーカイブ

“アトリエ・カフェ・ブルークロス”オープン!

2013年7月25日 木曜日

社会福祉法人 青十字サマリア会ふじの作業所(札幌市南区藤野549番地8)でギャラリー喫茶を来る8月1日オープンします。

土、日、祝は休みですが、作業所の行事などがある場合もお休みとなります。電話でご確認の上ご来店ください。☎011-591-5609

散歩の途中に寄ってもらえるような居心地の良い空間作りに精を出し、皆で内装を手がけ、煉瓦を積み上げピザの焼ける窯もつくりました。

営業時間は10時~15時まで、J-岡田の丁寧に入れてくれる珈琲コーナーのカウンターは手作りです。

ステンドグラスの作品も木工品もキャンドルも力作が並び、メンバーさんが作った外のベンチで美味しい空気を吸いながら一服出来る心休まる空間だと思います。

 

 

 

 

 

 

 元気ジョブ  中山

集草作業始まる!

2013年6月11日 火曜日

特定非営利活動法人ひまわり会 わーく・ひまわりのメンバーが、(有)エフ・シーホームライフさんの草刈り作業の補助で真駒内曙団地の集草作業に入りました。

6月10日は初日の為集草作業を希望する6名が参加し、今回の作業を次へのステップにつなげようと汗だくになりながら夕方まで仕事に精を出しました。

作業が終わった時には、疲れたと言いましたが作業を終わらせたという達成感と、心地良い汗で満足気な表情でした。

これから3週間の予定で作業に入ります。

                                             

 

 

 

 

                                   

 

 

急な暑さですが熱中症にならないようにこまめに水分補給をして3週間頑張って下さい 

共働友楽舎ありすくらぶ、共同作業所はばたき、(株)オアシス アウルの杜も(有)エフシーホームライフさんの依頼を受けて他の地域で集草作業に入ります。

元気ジョブ  中山

かでる2・7清掃作業始まる!

2013年5月23日 木曜日

札幌市中央区北2条西7丁目『かでる2・7』の清掃作業を『鈴の環』が5月1日から開始しました。

年中無休で行いますが、6月までは馴れる為に月20日の勤務になりました。

1FからB1の廊下・トイレ・階段・管理室のゴミ集め・受付のゴミ集め・会議室の清掃です。

コツをつかんで早く出来るようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝の通勤と作業に馴れて、徐々に一般就労への力がつけば良いですね。

元気ジョブ 中山

“北大インターナショナルハウス北8条東”清掃開始!!

2013年4月5日 金曜日

平成25年4月1日からひかりの家によって北大留学生会館の清掃業務が始まりました。年中無休で清掃を行うわけですが、グループに分けて4名づつ作業にあたります。

今日は初日の為、職員は2名体制でした。メンバーさんも馴れると作業時間が短縮できますが今日は4時間びっしりかかりました。

                                    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 9F~1Fまで下がりながら作業を行い、シャワールームの清掃とともに階が下がるごとに早くなりました。

2人づつ組んでトイレとシャワールームに分けて作業をしていましたが、最初の階は30分以上かかった事が手馴れてくるとスピードアップし、びっくりするほどきれいになりました。

1Fは補食室という食堂兼調理場の清掃です。床の拭き掃除とテーブルの拭き掃除でした。IHヒーターも拭く事になり仕事が増えました。

                                                      

 皆さまお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 元気ジョブ  中山

          

長山マンション清掃業務始まる!

2013年4月4日 木曜日

長山マンションの清掃作業がジィフルハウスから山の手ワークセンターに変わりました。

ジョイフルハウスの担当者も2年半一生懸命に頑張って通ってくれました。今年からは山の手ワークセンターが担当します。

朝8:30~12:00まで一人で共用部分の清掃・ゴミステーションの清掃を行います。

 

 

 

  

 馴れてきたらガスのメーター検針、切れた蛍光灯の取り換え作業、自転車置き場の整理整頓・清掃等があります。

今までも仕事を安心して任されていましたが、新しいメンバーが早く馴れると良いですね・・・

元気ジョブ  中山

福祉村に行って!

2013年3月25日 月曜日

NPO法人ライフのメンバーであり、昨年夏に『僕たちだって人間だ!!』というブックレットを出版した岡林満美に「重度の身しょう者が、札幌でどのように1人暮らしをしているか」というテーマで話をしてもらいたいという依頼があり私も同行して、3月15日岩見沢市栗沢町最上350番地北海道社会福祉事業団の運営する福祉村に行ってきました。

10:30~11:30までの予定でしたが、講演が終わった後も話を聞きたい人が沢山いました。

施設から出ないで生活をしていると、何故自立したのか?という疑問でいっぱいだったようです。

岡林氏は、自分のお城だ、お酒が飲める、好きなお風呂にゆっくり入れる、好きなテレビ番組を見る事が出来ると話し、病院はどうしているの?ヘルパーのいない夜間はどうしているの?等々の疑問の1つ1つに答えていました。

 

彼の仕事は、週3回午後からNPOライフに行き、知的な障がい者の数を数えれない人の補助をしています。ヘルパーはライフまで送り迎えをしますが事務所に入ったら補助職員です。

土曜・日曜はよさこいの練習、週3回の入浴、床屋は2ヵ月に1度来てもらって散髪をしている。歯磨きはヘルパー。買い物はヘルパー同行もあれば、ヘルパーだけの事もある。好きな食べ物はうどん・カレーライス・煮シメ、基本的になんでも食べる。ヘルパーが大根の葉っぱをおひたしにする事を習ったのは彼からです。

社会に出て責任もありますが、自由を楽しみながら自分のお城で暮らすことは自分の権利です。

人に言われての行動ではなく、自分から一人暮らしを望み、孤独とも向き合いながら個人の生活を謳歌している岡林さん、皆が応援しています。人生を楽しみましょう

 

  

 

 元気ジョブ  中山

 

セルプさっぽろのオリジナルクリアファイルが食育イベントで使われました!

2013年1月15日 火曜日

1月10日木曜日に中央区民センターにて、中央保健センター主催の食育イベント「みんな元気!!食育体験レストラン 親子食育実験教室」が開催され、中央区内の小学生とその保護者・計19名のみなさんが参加しました。
このイベントの参加者には、セルプさっぽろさんが製作しました中央保健センターのキャラクター「モリス」がデザインされたオリジナルのクリアファイルが参加者全員に配られ、参加した方々に「可愛い!」と大好評でした。

  

このイベントでは、子どもたちに食中毒の予防と食の大切さを学ぶ事を目的に、普段から接している身近な細菌を見てみよう!という事で、納豆・ヨーグルトの発酵食品に入っている細菌を実験を通して知ってもらうイベントです。

講師には酪農学園大学の大久保寅彦先生が発酵食品に含まれている細菌(納豆菌・ヨーグルト菌)についての講義と、実験を通して拡大しないと見る事が出来ない細菌を顕微鏡を使って見る実験が行われ、子どもたちは真剣そのものでした。

  

説明を受けながら実際の食品から細菌を取り出し、グラム染色(菌を見やすくするため染色します)し、1,000倍の顕微鏡を用いて細菌を観察しました。

   

実際の細菌を顕微鏡で覗くと子どもたちは大歓声!参加した私も顕微鏡で見るミクロの世界の細菌に大人ながら感動を覚えました。

冬休みの子どもたちにはとても良い自由研究の材料になった事でしょう!

またイベント通じて、各作業所の製品が少しでも役立てられたと思います。

このようなイベントにオリジナルクリアファイルは年齢問わず参加者に喜ばれるノベルティとして、とても効果のある製品です。

各種オリジナルノベルティ製作のお問い合わせも元気ジョブにご相談ください!

元気ジョブ 蜷川

障がい者施設で作成した「元気パネル」の展示を拝見

2012年12月15日 土曜日

 12月14日エルプラザ3階にて、障がいに関する理解促進のための講演会がありました。

そこで、先月作成したばかりのパネル(元気パネル)を見てきました。

 そもそも、札幌市から障がい者週間に合わせ、市内の地域活動支援センター、地域共同作業所(以下、作業所という)で授産した商品をわかりやすく市民に紹介するためのパネル(元気パネル)を作れる作業所がないかと元気ジョブに相談がありました。あまり期間もなかったので、いくつかの作業所をあたり、札幌チャレンジドにお願いして、12月3日に地下歩行空間でも展示しました。

札幌チャレンジド、各区の中から選ばれた16作業所を訪問して、紹介する内容の記述や写真を撮り、A1サイズに構成して各区ごとに作成しました。

  

  

拝見して、かなり立派なパネルができたので、いろいろな場所で市民に紹介し伝えていけたらと思います。

😮 元気ジョブ 小形

北海道・東北キラリ商談会に参加してきました

2012年11月22日 木曜日

11月14日から16日までの3日間、白石区にあるコンベンションセンターで開かれた北海道・東北キラリ品☆卸隊商談会に参加してきました。

この商談会は、札幌市・札幌卸商連盟の主催で買手企業(道内・東北の卸売企業)と売り手(北海道・東北のメーカー企業)の商談のマッチングの場としてもたれたものです。

売り手企業は商品のサンプルを抱え卸売企業に売り込み。

元気ジョブはパンフ片手に、障がい者事業所がどのような作業をやっているのか、どのようなモノをつくっているのか、こんなことができるからと8社の卸売企業にアピールをおこなってきました。

今回は以前に比べて時間が長く30分間じっくりと話すことができました。

日常の営業では、総務・人事部が窓口で実際に仕事を出している営業部門の担当者となかなか会えないのですが、商談会で各営業担当者と直接

会って障がい者事業所の取り組みを伝えることができたこと、また企業の業務内容を知ることができとても有意義なものでした。

これからもさまざまな売り込みの機会を活用して、各事業所の仕事づくりに結び付けていかねばと思っています。

この商談会に独自に呼びかけたところ、ありすくらぶ・北愛館さんも参加していました。

それぞれの障がい者事業所が積極的に参加し、企業にアピールしてほしいとも感じました。

                                    織本

 

北翔養護学校第9回学校祭!!

2012年11月9日 金曜日

札幌市立北翔養護学校祭が11月3日(土)文化の日に行われました。

北翔養護学校は、札幌市内に在住する肢体不自由の生徒が通う学校です。

                                                    

         屋外レリーフ  『北に輝く』  は挑戦する北翔の生徒、職員、保護者、地域の人々の両手であたたかく包まれ輝いているイメージを表しています。                            

                                                                            

   ホール壁画  『北の空をかける』  は北翔の生徒が、清風を受け彩光に向かって北の空をかけるイメージを表しています。

 

 

    ステンドグラス  『彩光の四季』  は北翔の生徒の個性、夢、希望、意思、活力、愛、未来を四季の彩光に織り込んでいます。

  

 

 

学校創立の意味をかみしめて第9回学校祭に行ってきました。

   今年のテーマは『夢・希望・スマイル』生徒・先生の努力が垣間見えた発表です。

 

                   

                  

 

 

 

 

中学部の発表はやきものがかり結成記と題しあるバンドがボーカル探しに奔走し、初ライブを目指すストーリーでした。様々な特技を持つ人に遭遇しながら、「運命の人」を追い求めます。物語の中に、中学部生徒それぞれの学習成果を発揮する場面が散りばめてありました。

最後にくす玉を、生徒が引っ張って『やきものがかり結成記』の垂れ幕が出て来た時感動を覚えました。

 

学校の廊下に展示されていた 作品の一部を紹介します。

                       

    野菜曼荼羅

    色々な野菜に色を付け押して行きました。

    バランス良く配置できました。

 

 

 

 

  墨絵(墨流し)

  2人で協力しして大作に挑んだ

  大地から力強く伸びる木立の息吹                               

      

                   

   かぼちゃの創作

  ジャックオーランタン造りに挑戦

  三作目で最高の仕上がりです。

 

 

作品が多くの人の目に触れる機会が増えればいいですね!

 

 

 

😳  元気ジョブ  中山