2010年10月 のアーカイブ

施設紹介 第11弾(ふじの共同作業所編)

2010年10月30日 土曜日

今回は南区藤野、社会福祉法人 青十字サマリヤ会 “ふじの共同作業所”さんを訪問しました。

 

Q:作業所の区分・利用者数

A: 就労継続支援(B型)で、定員20名ですが現在11名が登録しています。

 

Q: 作業所の現状

A:9割方アルコール・薬物・ギャンブル依存症なので、キチンとしているけど臨機応変ができづらい。人とのかかわりを求めているけれど、他人とのコミュ二ケーションの難しさを当事者は違い探しをする事で自分を納得させている。依存プロセスは同じです。

 

Q: モットー・目標・思想など

A: 1日を(生きている)幸福を感じてほしい。命があることも、施設に通えることも奇跡かもしれません。

 

Q: 職員がこころがけていること

A:家庭不全の中で育った人が多いので、当てにされることで幸福を感じられます。

仕事で当てにするようにしています。

 

Q:アピールポイントは?

A:自然を活かして手作りできる。手つかずの自然がありますから。

        

  

Q:現在行っている業務内容

A: 木工・ステンド・畑・キャンドル・ジャムですね。

   

 

Q:欲しいと思っている業務

A:収入が安定した仕事がほしいですね。去年までジャガイモの箱詰め作業がありましたが今年はありません。

 

Q:今までの業務でよかった・役に立ったこと

A:以前は木工パズルとか、各パーツに分けて作っていたのを最後まで一人で手作りしてもらっています。一つの作品を最後まで一人で作ることで喜びも大きく満足感もあると思います。効率は悪くなりましたが、効率よりも達成感を感じることのほうが大切と思います。

 

Q:今までの業務で困ったこと・失敗したこと

A:先程の話につながっていますが、うまく出来る人とできない人の差がついた。得意な作業を見つけるようになりましたが計画の変更を認めずらい。農作業とかは天候で計画通り行かないことがありますが臨機応変な対応ができづらい。

Q:今後の活動方針

A:地域のかたでアルコール問題を持っていない鬱と知的な方を体験で入れてみましたが、通うようになったら、絵を描くのが上手なので絵を売っていきたいと思っています。

 

Q:元気ジョブに求めること

A:小さな作業所がそれぞれ点でやっているが、それをつないでほしいと思います。

 

Q:各作業所の平均工賃UPの為には何が必要か

A:地域で作業所がうまく機能している所は、地域と連携して人の力(ボランティア)をつなげてほしいし、うまく活用してほしい。プロの力はあまり必要としない。工賃アップより当てにしている事を感じてもらうことが必要です。

 

Q:元気ジョブが現在目指している『作業所同志の連携』についてどう思うか

A:非常に良いと思う、活性化してほしいと思います。

 

本日はお忙しい中、取材にご協力いただきありがとうございました。

自然の中で暮らす幸せ、皆といられる幸せを感じて、ゆっくりでいいから自分が生きている幸せを感じられると良いですね。

 

元気ジョブ  中山

    

『ぶどうの木ていね』 秋のバザー!

2010年10月28日 木曜日

手稲区富丘にある『ぶどうの木ていね』さんの秋のバザーは今年で15回目を迎えられ、益々盛況になられています。

特に自家製そば粉とそばつゆは売り切れになるのが早くなかなか購入できない“幻の一品”です。

みなさまも是非ご賞味下さい。

 

 

元気ジョブ 中山

施設紹介第10弾(Re~らぶ編)

2010年10月27日 水曜日

地下鉄南郷7丁目駅から歩いて2分。とても交通の便が良いところにある事業所。

今回は白石区にある『Re~らぶ』さんを訪問し、東藤理事長に話を伺ってきました。

 

Q:あまり使いたくない言葉なんですが、こちらの施設区分はなんですか?

A:就労継続支援B型で、毎日20名の高次脳機能障害・知的障害をもつメンバーが通って来ています。

 

Q:普段はどのような仕事をなさっているのですか?

A:作業所が出来た当初から何か仕事をしなければならないということで石鹸を手作りしてきました。 スタート当初は一日でわずか10個。 今は6種類200個程作れるようになりJIS規格もとれるようになりました。

最近は本州や全道各地から注文が入るようになってきています。

その他には、会葬品を詰める作業やゴマ煎餅作り等、やれる仕事はなんでもやる。もらった仕事は放さないというのが私たちの変わらぬポリシーです。

  

 

Q:手作り石鹸の売れ行きや取り巻く状況はどうでしょうか

A:何といっても販売能力を高めることと売り先の確保が全て。 そのために道社協の個別経営相談会、中小企業診断士のアドバイスも受けているところです。

また、石鹸の原料である廃油の確保も大きな課題であり地域の小中学校と連携して行っています。

  

 

Q:Re~らぶさんのモットーというか気を付けていることはどんなことでしょうか

A:地域で自分らしく生活する為の基盤作りです。

地域の商店街、町内会のお祭りなどにも40名のボランティアと共に積極的に参加しています。

それから、当たり前のことですが障害者一人一人持っている力は違います。仕事に人を合わせるのではなく、いつも人に仕事を合わせようとしていることでしょうか!

手作り石鹸は乾燥させるまで2カ月ほどかかります。それから削り磨きをかけるので何工程かが必要であり、得意とする所で働いてもらうようにしています。

 

Q:今後の目標として

A:どこも同じだと思いますが、親が高齢化してきているので是非ともグループホームを実現させていきたいですね。

 

事務所の黒板は、チョークで書かれたスケジュールで埋め尽くされていました。

取材に伺った20日当日もアリオでのバザーに出店、今後はメンバー4人とボランティアによるバンド演奏会、10月末には何と洞爺・登別への一泊旅行が控えているそうです(去年は函館。皆で月千円ずつ積み立て年1回旅行)ウラヤマシイですね。

Re~らぶの皆さん。湖に向かって何度も愛を叫んでみてください(チョット古いですが)

元気ジョブ 織本

『札幌市保健福祉局 保健所』 訪問

2010年10月26日 火曜日

いきなりの雪に驚き、溶けた雪にずぶ濡れにされてしまった今朝・・・

皆さん大丈夫でしたか?

そんな悪天候の中、朝一から『札幌市保健福祉局 保健所』へお邪魔してきました。

先日のブログで報告している傘のリサイクルに関してのお話を聞きに行って来たんです^^

この傘リサイクルの話は、具体的な進行が見られてからご報告できたらいいなと思っています。

 

では、今回何を記事にしようというのか? といいますと、古傘からエコバッグを作っていらっしゃる『札幌市食生活改善推進員協議会』(札幌市保健所さんが協力している団体)のお話だったりします。

 

こちらの団体は、食生活の改善・健康管理等を中心に活動していらっしゃるそうで、エコバッグの作成はそこからの派生(?)のようなイメージなんだそうです。

札幌市内で約1,900人(!)もいる食生活改善推進員がボランティアで様々な活動を30年以上続けていらっしゃるということを私は知りませんでした・・・。

今日は私たち元気ジョブの活動をお伝えし、食品等の授産製品や各施設での食生活に関してなど、お互いに何か協力していきたいという想いを交換して来ました。

 

まだまだ、何が出来るのかお互いにわかりませんが、これからの活動に活かしていく事が出来るのではないか?と感じる、小さくても温かな出会いがあった初雪の朝でした!!(寒かったですけどねw)

  

元気ジョブ 大加瀬

施設紹介第9弾 (社会福祉法人 明日佳編)

2010年10月22日 金曜日

今回の事業所紹介は『社会福祉法人 明日佳』さんです。明日佳さんは手稲区曙に事業所を構えています。今回は「ワークトピアあすか」さん、「ワークトピアあすかⅡ」さんのお話しを中心に伺いました。

 

『明日佳』さんには、元気ジョブからの紹介のパンの製造・販売の仕事を快く引き受けて頂いています。

今回はお忙しい中、「ワークトピアあすか」施設長の清水さんにお話しを伺う事が出来ました。

 

 

Q.作業所の区分と利用者数を教えてください。

A.「ワークトピアあすか」は知的障がい者通所授産施設で40人が利用、「ワークトピアあすかⅡ」は就労移行支援事業所で20人が利用しています。

 

Q.現在行っている業務内容を教えてください。

A.「ワークトピアあすか」は給食製造・提供、パンの製造・販売、清掃、「ワークトピアあすかⅡ」はクリーニングです。

クリーニングは病院関係や学校給食関係、ホテルのガウンなど、代表的な物は『エンパイヤー』さんから白物の洗濯の仕事を請けています。清掃は病院関係です。

 

↓取材当日の昼食↓

同じものを、レストランで提供(予約制)しています。

又、給食設備を持たない福祉施設や診療所等の食事も提供しているそうです。

 

 

 

 

 

Q.事業所のモットー、目標、思想などはありますか。

A.「明日佳」は利用者の皆さんが一人で通所できる事が、利用の前提になっています。どんな所で仕事をするにも通勤しなければなりません。学校を卒業したばかりの方で、通勤に不安のある方は利用前に親御さんと通所の練習をして頂いています。

また、簡単に休まない事や仕事の好き嫌いをしない事。あとは、食品を扱っていますので衛生管理でしょうか。全てにおいて『はたらく』という意識付けをしています。

 

Q.職員の方たちが心がけている事はありますか。

A.利用者さんの適性を見極める事です。その人にはどんな仕事が向いているのかを見る為に、4ヶ所の作業班を各2週間ずつ実習して頂きます。実習の結果で配置を考えます。本人の希望と合わない場合もありますが、最終的に望みの仕事に就けるように取り組んでいます。

 

Q.お話しを伺っていると『はたらくこと』に重点を置かれていますが、何か特別な取り組みはありますか。

A.利用者さんの就業時間終了後に勉強をして頂いています。算数や漢字の読み書きから、実際の仕事に即した例題を職員がプリント作成をし、それぞれのレベルに合わせ15分~20分ほど行ってから帰宅します。仕事の中で、どこの取引先に品物をいくつ納品するであるとか、取引先の名称が読めなくては困ると考えています。

 

Q.こんな仕事に取り組んでみたいということはありますか。

A.すでに、今年の四月から三笠市の幾春別(いくしゅんべつ)に梅園を購入し梅の栽培(あすか梅の杜)を始めています。今後は梅園を自立支援法のA 型事業所にしていくことを目標としています。今は、札幌から出勤していますので、三笠・岩見沢方面で新たに利用者を募る事も検討しています。

 

Q.梅園の事業を始めてから利用者の皆さんの反応はどうですか。

A.非常に良いです。皆さん『楽しい、やりがいがある』と言ってくれています。また、今まで休みがちだった利用者さんが、毎日通所してくるようになりました。

 

Q.現在行っている業務で取り組んで良かった事や役に立ったと思う事はありますか。

A.現在行っている業務全てが良かったと思います。今までやってきた成果が今の『明日佳』だと思います。

 

Q.今後の活動方針はありますか。

A.グループホーム運営です。三笠の梅園で利用者さんが仕事をするため、岩見沢市内等で検討しております。グループホームは自立の第一歩ですから。

 

Q.元気ジョブからもお仕事を紹介させていただきましたが、感想などはありますか。

A.大変良いと思います。

 

Q.各事業所の工賃UPの為には、どんなことが必要だと思いますか。

A.「明日佳」の工賃は低い方ではないとは思いますが、少しでもレベルの高い仕事をする事が工賃UPにつながるのではないかとと思います。

 

Q.各事業所のスキルUPの為には、どんなことが必要だと思いますか。

A.私どもの場合パンの成型、又、給食の味付け等を覚えるには時間がかかる為、殆ど職員が行っており、利用者はパンの梱包や食器洗浄、食材の切込み等を行っているのが現状です。その事を考えると、利用者にアドバイスと指導を行える設備や時間が欲しいと思います。

 

Q.最後になりますが宣伝やPR等はありますか。

A.明日佳は、『はたらく』をモットーにやってきました。これからもしっかりと意識してやっていきたいと思います。

 

清水様には、丁寧に各事業所を案内して頂きました。どの作業班でも、就労意識の高さと工夫を感じる事が出来、とても良い刺激になった時間でした。

元気ジョブ 山野

いきいき福祉健康フェア2010

2010年10月20日 水曜日

10月15日(金)~17日(日)の3日間、白石区にあるアクセスサッポロ』でいきいき福祉健康フェア2010が開催されました。

もの凄い数の団体が構成・後援・協力していますので、詳細は画像をクリックしてご覧ください。

その中でも我々が取材目標として選んだのは・・・

まずこちら!!

札幌市食生活改善展(?)の一角に展示されていた、古傘を利用したリサイクルエコバッグ!!実は我々も、交通局さんから忘れ物傘を頂いて何か出来ないかと模索しているところでしたので、(メールを各施設担当者様宛に送っていますので、ご存知の方もいらっしゃるかと)是非参考にさせて頂こうと色々なお話を聞いてきました!!

 

お次は、皆さんもおなじみ()の・・・元気ショップさん!!

 

 

  

 

 

 

そして・・・最後は

 北海道社会福祉協議会

『障がい者就労支援センター』さん!! (長っ!!

 

元気ショップさんは皆さんもご存じの通り、札幌市内の作業所で作られた授産製品を。道社協さんは道内(札幌市含む)の作業所で作られた授産製品を、それぞれ販売していました。

元気ショップさんのブースの前にはテーブルと椅子が並べられ、購入したパンやお菓子がその場で食べられるようになっていて、お昼時が楽しみな配置といったところでしょうか。

 

紹介した他にも一般企業のブースも沢山ありましたし、福祉と健康に少しでも興味がある方であれば十分楽しむ事が出来るイベントになっていたと思います。

 

来年はもっと時間をとってじっくり見に来たいです ^^;

(実は1時間位しか時間がとれなくて・・・)

 

元気ジョブ 大加瀬でした。

北海道社会福祉協議会『市場から学ぶ商品開発研修』

2010年10月14日 木曜日

9/29から9/30にかけ、後志管内の農園・店舗・授産施設を巡り新たな商品開発へ結びつけようという試みが、北海道社会福祉協議会(以下道社協)の主催で開かれました。

参加者は札幌から5名、その他旭川・函館・滝川・岩見沢・夕張・石狩・新冠から各1名、道社協からは3名で構成され、東大阪のひびき福祉会の亀井理事長がアドバイザーとして特別参加。

我々元気ジョブからも1名が参加してきましたので、簡単ではありますが感想と報告を掲載します。

 

・小樽ワイン工場(朝里)

葡萄生産者の名が入ったワインがあり、地域との結びつきの強さが感じられる。

 

・山田農園(仁木町)

リンゴ・ブドウ・イチゴ・サクランボから、消費者の好みに合わせてプルーン・トマト(愛子)・ブルーベリーの生産に方向転換。

自然相手にもっともおいしく食べられる時期を選ぶ、旬の食べ頃を大事にするその頑固な姿勢には共感。

 

・南保留太郎商店 (余市町)

鮭・オオナゴ・ニシン・ホッケ・沢ガニ・エビ・ベーコン・豆腐などの燻製を製造。全国的な知名度を誇る。

燻製小屋は思ったよりも小さく建設も容易だが、物によって燻煙する際に使用するチップの組み合わせに秘訣があるとのこと。

 

・岩内地場産業サポートセンター(岩内町)

数年前の海洋深層水ブームの中、14億円を投資して建設された施設。

深層水の自販機も有り、パン作りや塩などに利用されてはいるようだが、市街地からは離れた所に位置しており、有効利用には課題が残るか。

 

・みなとまーれ寿都(寿都町)

国道5号線に道の駅が多い中、「海の駅」として開設。

地場の物産館、観光名所としての役割は持っていると思うがそれ以上の存在になれるか。

 

・トワ・ヴェール(黒松内町特産手作り加工センター)

肉加工の農水関係の補助金を利用して作られた施設。地場の原材料を使ってチーズ・ソーセージ・アイスクリームなどを生産。

市街地から遠く離れているが、のどかな田園風景に恵まれ加工現場を見学できることと併せて、レストランの併設が功を奏し利用者は多い。

地域の特性を上手く製品にあらわしているのが特徴。

 

 

・トワ・ヴェールⅡ(黒松内道の駅)

「道の駅」全道ランキングでは常に上位に位置している、トワ・ヴェールの直販店。

人気のパンは平日3回、土日は4回と焼き上がりの時間を明記し、当日の4時には完売されていた。物産館も兼ねている。

 

 

 

 

 

 

 ・Jin(真狩)

国道から細い道に入って20分程走ったところにある石焼窯のパン屋さん。

看板も小さく、野中に立つ一軒家という風情。売り場は2坪程度。

朝9時に訪問したが、個人・常連客を大事にしている為、団体客に大量販売はしていないとのこと。 代表がパンを購入し参加者で試食したが、木の実がたっぷり入っており、皮も石焼窯の為か厚く味がよい。 週末は札幌からもこの味を求めて多数の来店があるそうだが、値段は少々高めな印象。 新鮮な原材料と手を掛けていることが評価へと繋がっている要因か。

  

  

 

 ・真狩フラワーセンター(真狩村)

苗と切り花の販売では、札幌からも多くのファンが訪れているというが、平日の為か客数は少なめ。

真狩出身の細川たかし氏の展示物が多く、集客力の一助となっている・・・?

  

 

・羊蹄の湧水/湧水の里(真狩村)

水を汲む為に多くの人が訪れている。 とりわけ隣接する豆腐の直販店は、豆腐を使ったデザート・ドーナッツから油揚げまで百種類以上の製品があり、皆サンプルとして出ている製品の味を1つずつ確かめながら購入。 中には知人に頼まれているのか一人で一万円以上買っている方も見受けられた。 平日にもかかわらず人の多さには目を瞠るものがある。

 

・ニセコビュープラザ

こちらも「道の駅」全道ランキング上位の常連。 新鮮な朝どり野菜を並べ販売しているのが特徴。

特に品切れなどを起こさないよう、メール等の通信手段を使って補充するシステムが注目されている。

 

・羊蹄セルプ(身体障害者通所授産施設 倶知安)

仕事の中心は納豆作りで一日約3500食を生産。 ホテル・旅館向けの朝食用ミニ納豆が8割を占めている。 原材料の豆は国内産と中国産を使っているが、中国の農業現場を直接視察して安全性を確認していることは評価されるべきではないか。

なんといってもメインの授産製品を持っているのは強み。

その他にも窓ふき用の布、電柱の作業に使用するバンド・ロープの組立の受託生産を行って継続的な仕事を確保。

 

今回は、やはり地域の特性なり風景にあったモノ、地域のお宝を発見し育てた所がうまくいっていることを実感。

あらためて商品にどんな意味合いをもたせ、どんなモノ語りをかたらせるのか、パッケージ含めて考えていかなければーーーーー。

それにしても久しぶりに仰ぎ見た羊蹄は美しかった。

 

元気ジョブ 織本

元気ショップ パン試食会開催!!

2010年10月8日 金曜日

 

10月1日から10月8日まで、市役所本庁舎1階東側で”元気ショップパン祭り”が開催され10月7日に試食会が行われました。

9事業所が参加し、力を入れている20種類をアピールしていました。どれも美味しく、新商品が店頭に並ぶ日を待ち焦がれる試食会でした。

 

参加事業所:

ていね・さくら館、ぱんのひろば、ぱる事業所

スワンカフェ&ベーカリー札幌時計台、

ひかり工房、菊水ワークセンター、北のスモーク

光共同作業所、シフォン亭ほやほや    

 

 

庁舎1階西側の9月からオープンしている元気カフェの前では販売も行われ、盛況な売れ行きでした。

 

私もマイカップ持参でコーヒーを50円お安く飲み、ごみ減量にも貢献しました。

 

元気ジョブ 中山

「共同連マラソントークin北海道」のご案内

2010年10月6日 水曜日

『社会的事業所』 まだ耳慣れない言葉かもしれませんが、新たな働き方の模索が始まっています。

今後の障害者の事業所のあり方を一緒に考える良い機会ではないでしょうか。

参加費は無料との事ですので、興味をお持ちの方は参加してみてはいかがでしょう。

 

元気ジョブ 織本

施設紹介第8弾 (札幌市こぶし館編 part2)

2010年10月2日 土曜日

 

↑とっても広い施設内の様子・・・

(ちなみに作業場・ロッカールームも別にあります!)

  

Q:今現在欲しい業務は何ですか?

A:最近まで受注していた箱折の業務が無くなってしまいまして、施設内で出来る業務を探しています。

 

Q:今まで行ってきた業務でよかったことなどはありますか?

A:畑での農作業はオススメです。作業に追われることもありませんし、精神に障がいをもつ方には良い効果があると思います。

 

Q:逆に失敗したことなどは?

A:施設外での就労(特に屋外)では、疲労の蓄積等から体調管理に苦労しています。 出来る限り全てを最初からやるのではなく、余裕をもって出来る範囲から段階的な導入をすれば・・と反省しています。

 

Q:今後の活動方針などは?

A:実習先を見つけ、より具体的な就職活動へ繋げていきたいです。

 

Q:各作業所での平均工賃UPの為には何が必要だと思いますか?

A:私たちもそうですが、受注する作業に対しての相場知識が不足しているのではないかと。 同じ作業でも適切な単価で受注出来れば、工賃の向上に繋がると思います。

 

Q:各作業所のスキルアップには何が必要でしょうか?

A:ビジネスマナーの知識・マーケティングに関しての知識等が我々支援者側に不足している気がします。

 

Q:元気ジョブに対して求めることは?

A:受注出来る・出来ないはともかく、まず仕事の話を持って来て頂けると嬉しいです。

 

Q:元気ジョブが現在目標の一つに掲げる『作業所同士の連携』についてどう思いますか?

A:既にパンの仕分け作業で参加させて頂いていますが、一作業所で出来ない大きなお仕事を分担・協力して行う等、積極的に参加していきたいと考えています。

 

Q:宣伝等がありましたらどうぞ。

A:新規の利用者を募集中です!!

見学も可能ですし、興味を持たれた方は是非ご連絡下さい!

また、施設内・外問わずお仕事もお受け致します。

企業様もお気軽にご連絡下さい!!

 

札幌市こぶし館 HP ↓

http://www2.odn.ne.jp/troika/kobushikan.html

 

元気ジョブが何度もお世話になっているこぶし館さんは、いつも前向きで一生懸命な職員の方々に支えられた施設です。 我々の紹介したお仕事が就労への足がかりになってくれると嬉しいです。 皆さんお忙しい中、取材にご協力頂きありがとうございました!これからもよろしくお願いします!!

目標の5名就労、達成できますよ~に! (-人-)

 

元気ジョブ 大加瀬でした。