2012年11月 のアーカイブ

北海道・東北キラリ商談会に参加してきました

2012年11月22日 木曜日

11月14日から16日までの3日間、白石区にあるコンベンションセンターで開かれた北海道・東北キラリ品☆卸隊商談会に参加してきました。

この商談会は、札幌市・札幌卸商連盟の主催で買手企業(道内・東北の卸売企業)と売り手(北海道・東北のメーカー企業)の商談のマッチングの場としてもたれたものです。

売り手企業は商品のサンプルを抱え卸売企業に売り込み。

元気ジョブはパンフ片手に、障がい者事業所がどのような作業をやっているのか、どのようなモノをつくっているのか、こんなことができるからと8社の卸売企業にアピールをおこなってきました。

今回は以前に比べて時間が長く30分間じっくりと話すことができました。

日常の営業では、総務・人事部が窓口で実際に仕事を出している営業部門の担当者となかなか会えないのですが、商談会で各営業担当者と直接

会って障がい者事業所の取り組みを伝えることができたこと、また企業の業務内容を知ることができとても有意義なものでした。

これからもさまざまな売り込みの機会を活用して、各事業所の仕事づくりに結び付けていかねばと思っています。

この商談会に独自に呼びかけたところ、ありすくらぶ・北愛館さんも参加していました。

それぞれの障がい者事業所が積極的に参加し、企業にアピールしてほしいとも感じました。

                                    織本

 

北翔養護学校第9回学校祭!!

2012年11月9日 金曜日

札幌市立北翔養護学校祭が11月3日(土)文化の日に行われました。

北翔養護学校は、札幌市内に在住する肢体不自由の生徒が通う学校です。

                                                    

         屋外レリーフ  『北に輝く』  は挑戦する北翔の生徒、職員、保護者、地域の人々の両手であたたかく包まれ輝いているイメージを表しています。                            

                                                                            

   ホール壁画  『北の空をかける』  は北翔の生徒が、清風を受け彩光に向かって北の空をかけるイメージを表しています。

 

 

    ステンドグラス  『彩光の四季』  は北翔の生徒の個性、夢、希望、意思、活力、愛、未来を四季の彩光に織り込んでいます。

  

 

 

学校創立の意味をかみしめて第9回学校祭に行ってきました。

   今年のテーマは『夢・希望・スマイル』生徒・先生の努力が垣間見えた発表です。

 

                   

                  

 

 

 

 

中学部の発表はやきものがかり結成記と題しあるバンドがボーカル探しに奔走し、初ライブを目指すストーリーでした。様々な特技を持つ人に遭遇しながら、「運命の人」を追い求めます。物語の中に、中学部生徒それぞれの学習成果を発揮する場面が散りばめてありました。

最後にくす玉を、生徒が引っ張って『やきものがかり結成記』の垂れ幕が出て来た時感動を覚えました。

 

学校の廊下に展示されていた 作品の一部を紹介します。

                       

    野菜曼荼羅

    色々な野菜に色を付け押して行きました。

    バランス良く配置できました。

 

 

 

 

  墨絵(墨流し)

  2人で協力しして大作に挑んだ

  大地から力強く伸びる木立の息吹                               

      

                   

   かぼちゃの創作

  ジャックオーランタン造りに挑戦

  三作目で最高の仕上がりです。

 

 

作品が多くの人の目に触れる機会が増えればいいですね!

 

 

 

:oops:  元気ジョブ  中山