2013年1月 のアーカイブ

施設紹介第32弾  おべんとガーデン

2013年1月24日 木曜日

今回は街の中心部 中央区南1条西5丁目にある、手作りお弁当を販売しています 「おべんとガーデン」さんに訪問してきました!   

「おべんとガーデン」は市電通り沿いのオフィス街のビルの中 地下1階にお店があります。

        

「おべんとガーデン」についての詳しい事を 昨年大学を卒業して生活支援員としてスタッフになった藤井未来(みき)さん色々と伺いました。

              

 

Q. おべんとガーデンはどのような施設ですか?

就労継続支援B型の事業所になります。

 

Q. 職員さんとメンバーさんは何人いらっしゃいますか?

現在、調理スタッフが5名・生活支援員が私を含めて2名。メンバーさんが23名で、1日あたり15名程が働いています。

 

        

 

Q. 誰でもがメンバーさんになれるのでしょうか?

主に精神に障害を抱えている方を中心にメンバーさんを募集させていただいております。

 

Q. お弁当を作るという事で気を付けている点はなんでしょうか?

スタッフ・メンバー共々、衛生面に徹底した注意をはらっており、より安全でおいしい食事を提供する事を心がけております。

また、盛り付けを際も食欲を引き立てるように工夫をさせていただいております。

                 

   (食品衛生の向上と衛生面の模範として札幌市より表彰されました)

 

Q.今までに良かった事と思うことは?

勤めて間もないですが、さまざまな世代の方とお話が出来るので社会人1年目の私にはとても勉強になることが多いのです。メンバーさんは優しい方が多いので、始めはお弁当づめの作業等はメンバーさんに教わりながら覚えてきました。

 

Q. 職員さんが心がけている事はありますか?

メンバーさんとのコミュニケーションです。あいさつはもちろんのこと、アットホームな事業所なので困りごとなどがあればすぐに軽く相談できるように一緒に過ごす時間を多く設けています。

 

Q. スキルアップには何が必要ですか?

いろいろな人との関わりを持つことだと思います。出来れば、他の食品などを扱っている事業所などに見学に行きたいです。

 

Q. 今後の目標やモットーは何でしょうか?

メンバーさんが心身ともに健康になれるように努めてる事と、次へのステップアップにつなげられるように支援することや、もっといろいろな方との交流を持っていきたいと思います。

 

Q. おべんとガーデンの他とは違うアピールポイントは?

仕事に慣れてきたら調理の仕事にいろいろとチャレンジしていただきいております!

お昼休みに自分たちの作ったお弁当が食べられるというのも魅力の1つだと感じております。

 

Q. おべんとガーデンのオススメ商品を教えてください。

すべて!(笑)と言いたいところですが、私個人のおすすめではカラフルロールが見た目も綺麗でボリュームあるので、力を付けたい時におすすめです。

ダイエット志向の方には肉巻き豆腐もおすすめだと思います!

             

        

どのお弁当もボリュームがあって美味しそうですね。500円という価格もうれしいですね!

各種お弁当の詳しいメニューについては、下記をクリック!

          おべんとガーデンメニューチラシ

おべんとガーデンのブログでは今日のお弁当メニューが掲載されています!こちらもチェック!

          http://leafleaf.blogdekoken.jp/

  

Q. 最後にPRをお願いします!

なによりも、スタッフもメンバーさんも優しい方が多くて本当に「家」のような雰囲気です。

しかし、厳しいところは厳しくし、メンバーさんがよりよい生活を送れるよう日々努力させていただいております。

朝からの仕事なので生活リズムを整えるには最適で、立ち仕事なので体力も付いてきます。

また、2年間頑張って通っていただくと調理師試験免許の受験資格が得られます。その資格修得のために頑張っている方もいらっしゃいますし、試験前には勉強会も開催いたしますので、興味のある方はぜひ一度足を運んでみてください。

      

藤井さん、今日はいろいろなお話を伺えてとても良かったです。

これからも元気に頑張ってください!本当にありがとうございました。

 

さて、今回訪問いたしました「おべんとガーデン」のメンバーとして頑張ってみたい方は、下記の「利用者募集のお知らせ」をクリックしてみてください。

      おべんとガーデン利用者募集のお知らせ

 

「おべんとガーデン」にはイートインスペースもあります。(イートイン利用ならお味噌汁が付いてきます!

また、お弁当のデリバリーも行っています。 詳しくはお問い合わせしてみてください。

みなさんもランチタイムに都心へ出かけた際は「おべんとガーデン」のお弁当を食べてみてはいかがでしょうか?

 

おべんとガーデン

札幌市中央区南1条西5丁目17-2 プレジデント松井ビル 地下1階

TEL 011-222-0622

営業時間 月~金 11:30~13:30

(火曜日のみイートインスペースは貸切になります)

 

元気ジョブ  蜷川     

施設紹介第31弾  すこやかライフ “SAKURA”

2013年1月23日 水曜日

札幌市中央区南11条西12丁目軽食喫茶sakuraを訪ねてきました。

 

 Q,どういう施設ですか?

A,副理事長の永年の夢を実現する為に、理事長が定年退職した時に障害のある方々の為になる事をしようと平成22年6月に立ち上げました。昨年10月から11月半ばまでかけて内装を変え特に厨房はメンバーが動きやすいように大幅に変更しました。定休日は土・日・祝で、ランチは飲み物付きで1コイン多くの人がが来やすいように設定しました。ドリンクは単品でも100円です。昼時は、サラ―リーマン、主婦の方が多く毎日満席状態です。

 

 Q,メンバーは何人ですか?

A、登録は22名です。

 

Q,誰でもメンバーになれるのでしょうか?

A,希望する人は全部受け入れ、3障害OKにしたいのですが、トイレが車椅子対応になっていませんので、今後考えていきます。

 

Q,作業工賃は、いくらぐらいですか?

A,1日4時間~5時間働いて、だいたい1万円~2万円でしょうか。2万円を超えている人もいます。

 

Q,今後の構想は?

A,昨年50坪の農地ですが、大根・人参・ジャガイモ・胡瓜等を収穫しお店で使い、使い切れなかったものは塩漬けにして保存し、現在醤油漬にして、ご飯のお供にしています。今年も農業をやりたいと思っています。『人間生きていく基は農業と思っていますので・・・』

 

   

 

 Q,ランチは500円というリーズナブルな価格ですが、その内容も充実していると思いますか?

 

 

A,オープン当初は飲み物90円定食は450円でしたが、釣銭の用意が大変なので内容をアップして変更しました。

値上げをしてもお客さんは増えることはあっても減っていません。近所にお住まいの方のたまり場的コミュニテーセンターのようになってほしいと思っています。

 

 

Q,sakuraを体験する機会を多くつくっているそうですが?

A,喫茶の場合は2日で通所を決める人が多いです。

 

Q,sakuraの活気、活力はどこから来るのでしょうか?

A、障がい者も働きやすいよう日替わりメニュ―は1週間ごとに全員で相談して決め役割分担をしています。突然体調がおもわしくなく休むことになっても、お互いをカバーし、支えあっています。

 

Q、一番の苦労は?

A,スケジュールが立たないこと、毎朝出勤してきたメンバーを見て作業を分担しています。コミュニケーションが取れていないような場合には、両方から話を聞いてコミュニケーションが良く取れるようにスタッフが気を付けています。

 

Q,一番楽しいと思うことは?

A,人によっては100回ぐらい同じことを教えていますが、上達していくのが見てとれます。メンバーの成長を感じとることができるのが大きな喜びですね。

 

  

お近くにお越しの際はお立ち寄り下さい。

 

元気ジョブ  中山

セルプさっぽろのオリジナルクリアファイルが食育イベントで使われました!

2013年1月15日 火曜日

1月10日木曜日に中央区民センターにて、中央保健センター主催の食育イベント「みんな元気!!食育体験レストラン 親子食育実験教室」が開催され、中央区内の小学生とその保護者・計19名のみなさんが参加しました。
このイベントの参加者には、セルプさっぽろさんが製作しました中央保健センターのキャラクター「モリス」がデザインされたオリジナルのクリアファイルが参加者全員に配られ、参加した方々に「可愛い!」と大好評でした。

  

このイベントでは、子どもたちに食中毒の予防と食の大切さを学ぶ事を目的に、普段から接している身近な細菌を見てみよう!という事で、納豆・ヨーグルトの発酵食品に入っている細菌を実験を通して知ってもらうイベントです。

講師には酪農学園大学の大久保寅彦先生が発酵食品に含まれている細菌(納豆菌・ヨーグルト菌)についての講義と、実験を通して拡大しないと見る事が出来ない細菌を顕微鏡を使って見る実験が行われ、子どもたちは真剣そのものでした。

  

説明を受けながら実際の食品から細菌を取り出し、グラム染色(菌を見やすくするため染色します)し、1,000倍の顕微鏡を用いて細菌を観察しました。

   

実際の細菌を顕微鏡で覗くと子どもたちは大歓声!参加した私も顕微鏡で見るミクロの世界の細菌に大人ながら感動を覚えました。

冬休みの子どもたちにはとても良い自由研究の材料になった事でしょう!

またイベント通じて、各作業所の製品が少しでも役立てられたと思います。

このようなイベントにオリジナルクリアファイルは年齢問わず参加者に喜ばれるノベルティとして、とても効果のある製品です。

各種オリジナルノベルティ製作のお問い合わせも元気ジョブにご相談ください!

元気ジョブ 蜷川

新たな年の始まりに!

2013年1月4日 金曜日

明けましておめでとうございます

年のは、包み込む姿を表し次の新たな命がつくられ始めている

ことを意味したものだと云われています。

または脱皮をすることから再生の願いが込められています。

元気ジョブは多くの皆さんのお力添えをいただいて本年で4年目を迎

えました。

今までの取り組みの上に立って次なるステージへと飛躍して行きた

いと思っています。

2013年皆さまおよび私たちの活動が、次の命をはらんで大きく育つ

年になること、3・11以後の日本の社会が再生されることを心から願

います。

本年もよろしくお願いします。