2017年6月 のアーカイブ

施設紹介第71弾 地域活動支援センター annapurna(アンナプルナ)

2017年6月1日 木曜日

今回は北区の地域活動支援センターアンナプルナ・斉藤さんにお話を伺って参りました。

Q 利用者さんの現状を教えていただけますか?

男女比は半々で10代~60代まで幅広いです。1日10名前後の方が利用されています。

Q センターではどのような作業を行っていますか?

チラシの丁合いや紙袋を折るなどの軽作業とオリジナル雑貨などの商品製作です。

Q 作業の取り組みについては何か工夫をされていますか?

作業は工程を分けて、ご本人の得意な面を活かせる工程を担当してもらっています。また『自分で考えること』を大事にしたいので、作業だけではなく普段の活動の中でも出来るだけ指示を与え過ぎないよう工夫をして、自発性重視で活動をしてもらっています。

Q 今後チャレンジしてみたい事はありますか?

事業所主催のイベントを開催し、商品の販売や地域交流を行いたいです。

Q 作業をするにあたりどのような点に注意していますか?

地活なので仕事を体験する場所ではありますが作業の質はもちろん、報告・連絡・相談など作業を通じたコミュニケーションを大切にしています。

Q 事業所の方針、アピールポイントを教えてください。

アンナプルナは地域活動支援センターなので、作業体験だけではなく余暇活動や自助グループなど様々なプログラムを実施しています。特徴として『当事者研究』を行っております。アンナプルナの当事者研究は日常の苦労を研究し、生活に生かすプログラムです。

利用方法は人それぞれです。軽作業や商品作製などを通して、就労へのステップとして利用する方もいらっしゃいますし、余暇活動や各自のフリースペースとして自分に合った活動する方もいらっしゃいます。皆さんが安心して利用できる環境づくりをこれからも心がけていきます。

札幌市地域活動支援センター annapurna (アンナプルナ)

〒001-0021

札幌市北区北21条西5丁目1-32 梅ノ木ビル201号

TEL/FAX 011-707-7171


お忙しい中、取材の時間を作っていただき誠にありがとうございました。地域活動支援センターならではの取り組みをお伺いでき私自身とても参考になりました。

記事担当 富田