2018年2月1日 のアーカイブ

<施設紹介第79弾>就労継続支援B型 らいじん

2018年2月1日 木曜日

札幌市北区にあります就労継続支援B型らいじんの佐藤代表にお話を伺いました。

Q 福祉サービスの区分と利用者や現状を教えてください。

就労継続支援B型、定員20名、利用者13名。男性11名、女性2名。

Q 事業所では、現在どのような作業を行っていますか。

松ぼっくりや牛乳パックを使ったハンドメイドの作品づくり(リース、小物入れなど)

編み物、羊毛フェルト、ペーパークラフト、菓子販売、DVD

プレーヤーの修理、ハンディー無線機の清掃です。また、施設外就労としての清掃作業

などを行っております。

Q 職員の皆さんが心がけていることを教えてください。

利用者さんの日々の体調に合わせた作業内容にする事、また

コミュニケーションを大切にし、何かあったらすぐに相談出来る環境づくりを心がけております。

Q  新しくチャレンジしたい仕事はありますか?

納期にゆとりのある内職的なお仕事(シール貼り、チラシ折り)や小物のデコレーションです。

また、福祉施設等へお菓子の移動販売を考えております。

Q  作業効率を上げる為にやっていることは。

一人一人に合った作業内容にする事、また分かりやすく作業の仕方を説明するよう心がけております。

Q  今後の活動内容、方針等を教えてください。

それぞれの個性に合わせた仕事をしていく中でステップアップしていけるお手伝いが出来るといいと思っております。

毎日の作業の他に定期的にリクレーション(カラオケ、ビンゴ大会)を行っているので仕事だけではなく、楽しんで毎日作業所に通って頂けるように努めたいです。

Q  自慢できるところを教えてください。

栄養バランスを考えた手作りの昼食が好評です。

アットホームな雰囲気で利用者さん同志とても仲が良いです。

駄菓子屋さんもやっていて、販売などの社会経験をする事も出来ます。

*4月17日から3ケ月間、北区役所の展示コーナーで作品を出店しております。*

就労継続支援B型 らいじん

001-0029

札幌市北区29条西4丁目2-1 ファミール札幌117

TEL/FAX: 011-790-7221

お忙しい中、取材の時間を作って頂きありがとうございました。これから多くの素敵な作品が作られていくと感じた取材でした。元気ジョブとしても、応援していきたいと思いますので、今後共よろしくお願いいたします。

記事担当:元気ジョブ 小田島