2018年12月 のアーカイブ

スィーツDecoいるむ(ドーナツ店)今月12日(水)Open!!

2018年12月7日 金曜日

この度、NPO法人オペアが札幌市白石区南郷14丁目南1(白石藻岩通り)に 今月12日(水)12:00オープンします。今までは、ドーナツ販売がメンバーさんのお仕事でしたが、今回は、店舗つくりから作業マニュアル作りまでメンバーさんと一緒に、ドーナツ屋さんの開店向けて取り組んできました。

・焼きドーナツは、北海道産小麦に拘り一から作ります

・揚げドーナツは、仕入れたプレーン生地に飾りつけを行います

店内には、くつろげるイート・イン・スペースを設け、ご近所の方や子どもたちも、そして購入されない方にも気軽に立ち寄っていただけるお店を目指します。

「楽しむ」が事業所のテーマです。地域の皆様に愛されるお店に出来るよう頑張ります。

 

■店 名  :スィーツDecoいるむ

■営業日  :毎週火曜日から金曜日(土曜日は時折オープン)

■営業時間 :11:00~15:00

■休 み  :土・日・月

■場 所  :札幌市白石区南郷通14丁目南1-5

■電 話  :011-374-5056

 

取材: 元気ジョブ 高橋

「2018障がい者週間パネル展&小規模作業所製品展示販売会」のお知らせ

2018年12月3日 月曜日

この度、特定非営利活動法人さっされん、特定非営利活動法人ライフ(元気ジョブ)による「2018障がい者週間パネル展&小規模作業所製品展示販売会」を12月4日(火)~6日(木)AM10:00~PM9:00までサンピアザ・1階 光の広場(厚別区厚別中央2条5丁目)で行っております。

 

<施設紹介89弾>障害福祉サービス事業所 りあん

2018年12月1日 土曜日

今回は白石区南郷通の地下鉄駅南郷13丁目駅の側にある就労継続支援B型事業所りあん、サービス管理責任者の平井さんに、お話を伺ってまいりました。

 

福祉サービスの区分と利用者や現状を教えて下さい

A◎精神障害の方:27名(全体の65%) ◎知的障害の方:14名(全体の33%) ◎身体障害の方:0名です。なかでも利用されている方は精神障害の方が多く年齢層も10代~70代の方まで様々な年齢層の方が登録され定員は新たに11月1日より南郷通14丁目に「従たる事業所いるむ」をオープンして10名増員の他に「障害福祉サービス事業所りあん」の20名と合わせて30名となっています。

また就職される方は毎年2名程度おり就職に向けた支援、就職後の支援も都度行っています事業所から徒歩1分の位置に地下鉄東西線南郷13丁目駅があるため、送迎サービスは行っていませんが白石区以外の区にお住まいの方も多く利用されていますので見学のご連絡をいただけましたら随時予約を承っています。

 

事業所の特色や今、手がけている仕事は?

A「一人一人に合わせた支援」

通所時間や日数、過ごし方など事業所の枠に当てはめてということではなくその方の目標の実現に向けて必要な支援を一人一人に合わせて考えていきます。そのためその人に合わせたペースで通所いただけます。

「常に新しいことにチャレンジ」

今手がけている仕事にもつながりますが11月よりドーナツ製品に関する販売・接客を主とする仕事が増えました。その他にも、ダイレクトメールの封入、箱折り、シール貼り、アクセサリー製作、ポスティングなどの軽作業もありますが、利用される方の可能性が広がっていくための新しい取り組みを事業所として常に行っていきます。

「生活・就労に向けた様々な経験機会の提供」

「りあん」では、限られた活動品目の中での支援ではなく軽作業、清掃作業、販売・接客作業、高齢者施設作業、倉庫内作業、PC講座、職場実習、プログラム、サークル活動など一つの事業所内において多種多様な活動内容を取り揃えているため生活を充実させたい方、就職を充実させたい方どちらの方でも希望に近づくための内容を日々準備しています。

「みんなで一緒に」

事業所の活動内容については職員や事業所が全てを決めるのではなく利用されている方の意見を幅広く聞き皆さんにとっての過ごしやすい事業所作りを共に行っていきます。

障がい福祉の仕事にたずさわって良かたと思う時は?

A人の人生に携わる仕事であるため大きな責任はありますが、支援の中で利用されている方の可能性が花開く瞬間や希望を叶えていく過程で喜びや楽しさを共有できることが良かったと感じることであります。その他にも私たち支援員が一方的に支援を行うのではなく同じ目線で目標を考え相互に支え合いながら共に歩んでいくことで新しい発見や気付きに出会えることも良かったことの一つに感じています。

 

 

新しくチャレンジしたい仕事はありますか?

A今まさに、11月から店舗(スイーツ DECO いるむ)としてドーナツ販売がスタートしたためより多くの人に喜びを届け仕事に携わっている利用者の方も笑顔になれるような仕事を行っていくことが一つのチャレンジでもあります。その他には、農業などの生産作業にもチャレンジしてみたいと思っています。

 

利用者の方に楽しく作業を行って貰う工夫を何かされていますか?

A受注している作業をただ説明して行ってもらうだけでなく自分達の行っている作業が社会とどう繋がっているのかということも知っていただくようにしています。また(箱折りやシール貼りでは実際に商品として出回っている様子も見ていただく)その他、アクセサリー製作では実際の販売場面にも参加いただきお客様の生の声を聞いていただくことや自分の作ったものを購入いただく場面を見て、知っていただくことで普段自身が事業所で行っている作業が誰かのためになっている作業ということを感じられる機会を作っています。

 

最後に事業所のアピールポイントをお願いします。

A障害福祉サービス事業所りあんでは、これからも世の中の希望や期待の声に耳を傾け様々なことにチャレンジしていきたいと思っています。はっきりとした目標が決まっている方にも、これからじっくり考えていきたい方にも、スタッフと一緒に見つけていきたい方にも利用される方にとって「りあん」が大切な場所に感じていただけるための活動を今後も行っていきます。少しでも興味を持たれた方がいましたらいつでもご連絡ください。

〒003-0022

札幌市白石区南郷通12丁目南6-20サンケンビル南郷203号

TEL011-376-5455 :FAX011-376-5466

特定非営利活動法人 オペア

障害福祉サービス事業所 りあん

就労継続B型事業所 りあんの職員は、意欲と責任感を持って利用者の方の自主性を大事に、また利用者一人一人の特性を考えている事業所でした。お忙しい中、取材の時間を割いて頂き本当に有難うございました。元気ジョブ 土門