2020年9月1日 のアーカイブ

No.110《施設紹介》就労継続支援 札幌大通

2020年9月1日 火曜日

今回は、テレビ塔に近く創成川沿いに面したマンションの一室に事業所を置く、就労継続支援『札幌大通』をご紹介させて頂きます

 

Q1.福祉サービスの区分と利用者さんの現状を教えてください

A1. 現在、20代から70代の男女比(5:5)の10名(定員20名)の方が通所されている就労継続支援B型の事業所です。

Q2. 事業所では現在どのような作業を行っていますか?

A2. 施設内作業は、オリジナル和装小物の製作および海外向けネット販売を始め各種データ入力を行っています。 

施設外作業は、広報紙やフリーペーパー等のポスティング、公園清掃、メールサービス(デリバリー)を行っています。

 

Q3. 利用者の方に楽しく作業を行って貰う工夫を何かされていますか?

A3. 利用者さんとのコミュニケーションを大切にし、希望に応じた作業の提供を心掛け楽しく作業をしてもらっています。『また明日も来たい!』と思うような雰囲気づくりや会話を大切しています。

Q4. 作業をするにあたりどの様な点に注意していますか?

A4-1. 作業内容によっては、工程を細分化することで仕事の幅を拡げ、利用者さんが取り組み易いように工夫をしています。また、施設内作業と施設外作業を織り交ぜることで変化も感じてもらっています。施設外作業の前には、事故や怪我が無いようミーテングを行い、終了後も作業の振り返りを行っています。

A4-2. 利用者さんの動向には十分注意を払い、困っていることには耳を傾け、寄り添い支援しています。

 Q5. 職員の皆さんが心がけていることを教えてください

A5-1. 言葉だけでは伝わりにくい作業工程は、具体的に見せて何回聞かれても笑顔を絶やさずに答えています。

A.5-2.  利用者さんには事前に作業内容伝え、体調などを整えてもらうようにしています。

A5-3. 利用者さんが困っている事はそのままにはせずに、話し合いの時間を持つようにしています。

Q6. 事業所の方針やアピールポイントなどを教えてください

A6-1. 9:00から15:00の間なら通所時間は自由(利用者さんの体調に応じて)にしています。

A6-2. 昼食は、100円で提供させて頂いています。毎月29日は、利用者さんの希望するメニューを取り入れ人気は手作り餃子と焼き肉、そしてデザートにはケーキです。

A6-3. 地の利を活かして、大通公園などで開催されるイベントの見学を取り入れています。

 

Q7. 今後チャレンジしてみたい事など教えてください

A7. 将来的には、和装小物を和服専門店やブライダルショップへ、インバンド回復後には外国人観光客向けの土産店に納品出来ればと思っています。

 

お忙しい中、対応を頂きありがとうございました。
これからも元気ジョブとして応援していきたいと思います。
記事担当 : 元気ジョブ 髙橋 吏