<施設紹介第85弾> ここリカ・プロダクション

白石区平和通りの住宅街に在る就労継続支援B型事業所 ここりか・プロダクション管理者の橋本さんに話を伺ってまいりました。

福祉サービスの区分と利用者や現状を教えて下さい

A就労継続支援B型事業所(定員14名)と就労移行支援事業(定員6名)の多機能型事業所です。就労継続支援B型は現在18名のメンバーが登録しています。移行支援事業所は現在2名のメンバーが登録し、男性が8割、女性が2割で平均年齢は40代です。あと通所検討している方も数名います。

事業所の特色や今、手がけている仕事は?

Aメディア制作の障がい者事業所の啓発活動としてラジオ番組FM白石で、精神障碍のことなどを伝えております。また「映像制作・自主製作・研修会の撮影・編集」などや事業所紹介のPVも手掛けています。

障がい福祉の仕事にたずさわって良かたと思う時は?

A 障がいのあるなしにかかわらず、自分自身をどのように受け止め、自分自身の生き方を考えるかという基本的な姿勢を学べていることです。

新しくチャレンジしたい仕事はありますか?

常に新しい仕事、新しい考え方にチャレンジしていますので、このまま続けていきたと思っておりますし、今後も新しい考え方を取り入れるために、メンバー・職員含めて福祉関係だけではない人たちとの交流を積極的に行っています。

利用者の方に楽しく作業を行って貰う工夫を何かされていますか?

利用者自身が得意なところを活かしながら楽しく作業できる気持ちを大切にするという考えを利用者、職員とで共有しております。あと仕事をする時にはメンバーと職員という関係ではなく「協働」の姿勢を大事に作業お行なっています。

最後に事業所のアピールポイントをお願いします。

みんなメディアの素人ですが仕事を自ら作り出す事業所であり自分の得意なところを活かしながら仕事を通じてスキルを身に着けています。そして「ここプロ」の一つテーマとして「頑張らないのも仕事のうち!!」と言うことも大事な事と思っております。

〒003-0029

札幌市白石区平和通15丁目北13-18

TEL:FAX011-827-9772

(公財)北海道精神保健推進協会

就労継続支援B型事業所 ここリカ・プロダクション

ここリカ・プロダクションは、メディアに特化した専門事業所です。またメンバーの皆さんは、意欲と責任感を持って仕事を行ってをり職員の方も利用者の方の自主性を大事に、また利用者一人一人の特性を考えている事業所でした。お忙しい中、取材の時間を割いて頂き本当に有難うございました。

元気ジョブ 土門