インクルージョンボール贈呈セレモニー

10月6日(日)午前9時から、第72回秋季北海道高等学校野球大会

(新人戦)の開会式が円山球場に於いて行われました。全道10支部の

予選を勝ち抜いた20校の選手が開会式に参加を致しました。今大会

での戦いぶりは、来年3月に阪神甲子園球場で開幕する第92回選抜

高等学校野球大会の出場校を決める際の重要な判断材料となります。

 

 

 

道内各高校の野球部の練習で使われ、糸がほっれるなどした硬式球を

障がい者が補修した「インクルージョンボール」の贈呈式が行われま

した。NPO法人北海道野球協議会が取組み、全道延べ75校から約

5千球が回収され、依頼を受けた事業所28ヵ所で補修されました。

 

インクルージョンボール贈呈セレモニーは、高等学校と事業所の交

流機会を創出することを目的として、10月6日から開催する秋季

北海道大会(札幌市円山球場)にて、インクルージョンボール贈呈

セレモニーが行われました。

 

 

インクルージョンボール贈呈セレモニー後、北海道新聞の記者より、

野球ボール縫合作業等について取材を受けました。

インクルージョンボール贈呈セレモニーに参加致しました4事業所

様は、野球観戦を楽しみました。

インクルージョンボール贈呈セレモニーに参加致しました4事業所

●特定非営利活動法人コロポックルクラブハウスコロポックル

●特定非営利活動法人アシスト多機能型事業所あずあいむ

●特定非営利活動法人クリオネ就労継続支援B型いちょうの会

●株式会社ACCENT多機能型事業所C-well

インクルージョンボール贈呈セレモニーに参加して頂きました、事業所の皆様有難う御座いました。

 

記事担当:前野 充