元気ジョブ

《札幌市委託事業》

私たちは、地域で暮らす障がいのある方の働き甲斐『仕事の創出』に携わっています!!

軽作業から事務系全般、労務提供、授産品の製造・販売まで発注者様の要望を踏まえ スタッフが適切な施設をご案内いたします

元気ジョブについて

元気ジョブは、札幌市委託を受け、障がいのある方を支援する福祉事業を行っています。市内には、障がいのある方が通う各事業所が約650カ所あり13,000人以上の方が利用されています。特に、就労継続支援B型事業所の月額平均工賃は16,080円(2020年度)で、私たちは、このような現状を少しでも改善するため、企業や官公庁(署)に営業活動を行い、障がいのある方の仕事(作業)の創出と工賃アップをサポートしています。
所長 小形忠寛 (写真)元気ジョブ スタッフ

元気ジョブについて

 私はこの札幌が、障がいのある人もない人もそれぞれが自立し、それぞれの人格や個性を尊重し合いながら、社会に参加できる街を目指しています。そのためには、地域に住むみんなが福祉のまちづくりの担い手となるしくみを整え、やりがいや生きがいを創出するとともに、助け合い、支え合う地域社会の実現が必要だと考えています。
そうした取組のひとつとして、この「元気ジョブアウトソーシングセンター」があります。ここでは、障がいのある方の作業工賃の安定・向上を目指すため、さらには、障がいのある方の自立を促進するため、受注拡大に向けたさまざまな活動を行っています。
市民や企業の皆様方には、引き続き「元気ジョブアウトソーシングセンター」への仕事の発注などを通じて、一生懸命働く障がいのある方を応援していただければと思っています。そして、地域に住む人みんなが笑顔で暮らしていける街を、一緒に目指していきましょう。

(写真)札幌市長 秋元克広
札幌市長
(署名)秋元克広

新着情報

発注者様の声

一覧へ

受注実績紹介

一覧へ

軽作業
by
らいじん

建物の解体時に出た廃電線を銅線と被覆材に分別する作業を今年7月から行っています。依頼者である(株)下山電設機工様は、今まで産廃業者へ廃電線を、そのまま買い取って貰っていたとのことですが銅線と被覆材に分別することで価値が大

続きを読む

障がい者施設紹介

一覧へ

こころの里(菊水)

地下鉄東西線菊水駅の6番出口を出てすぐ左側にあります就労継続支援B型事業所こころの里へ伺い責任者の島田さんに話を伺って来ました。

続きを読む

お知らせ

一覧へ

『元気ジョブ』年末年始休業のお知らせ

平素は、格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 さて、下記の期間を休業させて頂きますので何かとご不便をお掛けいたしますが、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。 2021年12月29日(木)~2022年1月3日(火)

続きを読む